×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

問題集やプリントの選び方
中学5教科(国語・数学・英語・社会・理科)の
テスト勉強や高校受験対策のために



トップページ>高校受験・高校入試対策

苦手教科は簡単な問題集に取り組んで基礎を固めなおすべき

 前のページで、単元別の知識を固めることなく、いきなり入試形式の総合問題に手を出してしまうパターンはよくないですよ、単元別に章立てされた問題集やプリントなどに取り組む事で、まずは「どの単元ではどのような問題が問われた」ということを確認すべきですよ、という事をご説明したと思いますが、このことの大切さについてもう少し詳しく書いておきます。

 模擬試験などの形式だと、全ての単元がいちいち網羅されているわけではありません。偶然にも模擬試験で問われた知識などだけが復習できるというだけの話です。それよりも、単元別にまとめられた問題集などを解くことで、自分はどの単元が苦手なのかという事をまずは把握するのが大切です。

 これがなぜ大切なのかといえば、前のページで説明した事のほかに、自分の苦手な単元を探し出して、そこを重点的に復習するということが可能になるということがいえるためです。

 もし、ある単元のみが、他の単元と同じ理解度に到達しておらず、その単元が、教科全体の点数の足を引っ張っているなら、その単元のみをピックアップして取り上げられているような基本的な問題集やプリントなどをもう一度見直すという事が大切です。教科書の問題すら理解できないなら、教科書よりもわかりやすく、簡単な問題が取り上げられている基本的な問題集から学びなおし、その上で、解けなかった問題集の問題を徐々に解けるようにしていく、という段階的なプロセスを辿る事が大切です。

sponsored link







もくじ

sponsored link





(c)問題集やプリントの選び方


※当サイトの情報は皆さんのお役に立てるように工夫したものですが、万一、このサイトを参考にしたことにより何らかの損害等が発生した場合でも、当サイトでは責任は負うことができません。自身のおかれている状況等に関して、個別のの判断は閲覧者の皆様ご自身の責任でお願いします。