×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

問題集やプリントの選び方
中学5教科(国語・数学・英語・社会・理科)の
テスト勉強や高校受験対策のために



トップページ>中間テスト・期末テスト対策

理解度にムラがあり、学校のワークやプリントが半分くらい解ける場合

 学校の勉強が平均レベルまでついていけるが、それでも得意科目と苦手科目にムラがあるという場合、毎回の中間・期末テストにむけた勉強について、もっと大切に取り組んでみるということを心がけましょう。

 学校のワークやプリントに、半分くらい解けない部分があるなら、解けるまで復習してみるという事です。もし学校の教材が理解できないなら、少し簡単な、基礎的な問題を多く含んだ問題集を解くということも大切でしょう。

 ただし、問題集ばかりに頼るだけでなく、学校のワークやプリントの理解できなかった部分を着実に固めていく事が、いわゆる「平均的な成績」の人たちにとっては重要なことです。

 そして、得意科目や苦手科目にムラがあるという場合には、得意科目は自分の自信をつけるために取り組み、苦手科目は自分の学力をより高めるために頑張ってみるという感覚で取り組んでみましょう。特に数学や英語は積み残しが少しでも残ったままだと、学年が上がった時に大変な苦労をします。これらの教科は、暗記より、前の学年で学んだ事を基本として次に進んでいくという性質が強いためです。苦手科目が更に苦手になってしまうと自信もなくしてしまうので、自分に自信を持ち続けるために頑張ってみましょう。

sponsored link







もくじ

sponsored link





(c)問題集やプリントの選び方


※当サイトの情報は皆さんのお役に立てるように工夫したものですが、万一、このサイトを参考にしたことにより何らかの損害等が発生した場合でも、当サイトでは責任は負うことができません。自身のおかれている状況等に関して、個別のの判断は閲覧者の皆様ご自身の責任でお願いします。