×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

問題集やプリントの選び方
中学5教科(国語・数学・英語・社会・理科)の
テスト勉強や高校受験対策のために



トップページ>中間テスト・期末テスト対策

テスト対策は、学校のワークやプリントが解けるようになることが前提

 学校のテスト対策は、特に中学1,2年のうちは、何と言ってもやはり、試験範囲として指定された部分の勉強に特化するという事が大切です。多くの学校では、テスト範囲が学校の教科書だけでなく、ワークやプリントのページも指定されている事が多いので、まずはそれが解けるようになるのが前提となるでしょう。

 しかし、学校の授業についていけないとか、ワークやプリントが理解できない場合、もっと簡単な、基本的な、あるいは解説が充実している問題集を選択して、学校の教材と併用して自宅でテスト対策を行うべきでしょう。なお、最近ではインターネットにも勉強内容の中身がまとめられているサイトがあり、そうしたサイトの中には、参考書代わりとしてかなり使えるものや、問題集的な形式のものもあります。それらと併用しながら、教科書やワーク、プリント等を理解する事に集中すべきです。

 なお、焦って難しい問題に手を出す人がいますが、難問は中3になってから取り掛かっても遅くはありません。日常のテスト勉強は、毎回のテスト対策をしっかりと行い、どうにか学校のワークやプリントが解けるようになって、学校の毎回のテストでそこそこの点数を確保すれば、それが受験に直結する知識の積み重ねになります。

 毎回のテスト勉強の積み重ねと復習をきちんと行えば、受験生になったときに覚えなおすべき部分が減るので、本格的な受験勉強に取り組みやすくなります。従って、焦ることなく、学校のワークやプリントが解けるようになって学校のテストでそこそこの成績を確保する、といった無理のない目標を立てていくという事が肝要です。

sponsored link







もくじ

sponsored link





(c)問題集やプリントの選び方


※当サイトの情報は皆さんのお役に立てるように工夫したものですが、万一、このサイトを参考にしたことにより何らかの損害等が発生した場合でも、当サイトでは責任は負うことができません。自身のおかれている状況等に関して、個別のの判断は閲覧者の皆様ご自身の責任でお願いします。